創業塾 TOP
   
創業塾TOP
創業塾バックナンバー

vol.1 2009年4月14日

創業に向けての心構え

vol.2 2009年4月21日

事業の具体化とSWOT分析

vol.3 2009年4月28日

「創業マップ」の作成

vol.4 2009年5月14日

決算書の読み方

vol.5 2009年5月19日

創業のための基礎知識

vol.6 2009年5月26日

事業計画発表会

詳細レポート

 

創業に向けての心構え

創業するための具体的戦略を地図の形にしたものが「創業マップ」です。

目的地にたどり着くまでに必要な要素をバランスよく盛り込む必要があります。
事業をスムーズに行うための必要な要素は5つです。

●ビジョン(経営理念と経営戦略)

●会計

●お客様

●業務

●学習
また会計処理をしっかり行う事は、会社を潰さないための重要な作業です。

そして事業を行う上で、その事業が儲かっているのか、その金額はどのくらいなのか、自分で把握しなければなりません。それと同時に利益計画(損益分岐点売上高)の計算も重要な作業です。

 

■「創業マップ」の作成
「創業マップ」とは

創業にあたって戦略を具体的な地図の形にしたものが創業マップです。

この地図には目的地にたどり着くまでに必要な要素をバランスよく盛り込む必要があります。
創業マップは経営理念の作成→ビジョン→経営戦略(会計、お客様、業務、学習)という構成になっています。
「経営理念」とは

経営者が世に問う会社存在意義。

なぜその事業を行うのかをかんがえてもいいでしょう。
「経営戦略」とは、経営理念に基づくビジョンを実現するための道筋です。

事業をスムーズに行う為に必要な要素を大きくまとめると、およそ次の5つになります。

 

(1) ビジョン(将来像)
3年から5年後くらいまでの間に達成すべき具体的な戦略目標です。会社のイメージ、業界でのポジション、売上高、経常利益、負債、自己資本の額、従業員満足度などが示されます。

(2) 会計
利益目標、社長の給与、売上高など

 

(3) お客様
どんなお客様に、何を、どのように提供していくのか

 

(4) 業務
お客様に対する目標を達成する為に仕事はどんなプロセスを目標とするのか

(5) 学習
業務、お客様、会計に対する目標を達成する為にどのように学習し、修正し、変革していくのか

 

 


[お問い合わせは]
ウィズスクエア東京駅前オフィス/(株)ビサイド
東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
TEL:03-5201-3720 FAX:03-5201-3712
E-mail:info@wissquare.jp
ページの先頭へ