レンタルオフィス:HOME > 肘哲~ひじてつ~徒然日記
  • 施設概要
  • フロア概要
  • 設備とサービス
  • ご利用案内
  • フロア案内
  • ウィズスクエア本館
  • 貸会議室ビジネスセンター
  • 別館 ペイントハウス
  • ビジネスサービス
  • ビジネスサポート
  • ウィズコミュニティ
  • 起業を学ぶ創業塾
  • 異業種交流会 EN
  • イベントカレンダー
  • メンバー紹介
  • ウィズスクエアから誕生したビジネス事例
  • ウィズプロモーション
  • wisプロフェッショナル
  • ウィズスクエア通信
  • 株式会社ビサイド 代表肘井哲也の徒然日記
肘哲-ひじてつ-徒然日記肘井哲也
◆会報誌「ウィズニュース07年12月号」に掲載
インタビューで紹介している安岡社長との関係は、まだはじまったばかりですが、共鳴できる関係が楽しみです。

先日も安岡氏がプロデュースした麹町のホテル内のレストランに行きましたが、ホールに数百冊の外書がディスプレーとして置かれ、外書アドバイザーが、ご要望に応じてご案内をしてくれ、食事をしながら外書を読めて、そして、購入も出来るそうです。レストランと洋書・・・、そしてお客様を巻き込んだそれぞれが活かされる関係で、なにかそこには「物語り」がありそうですね。
安岡氏から洋書専門店のビジネスモデルを聞いたとき、鳥肌がたつくらい驚嘆いたしました。「外書」・・彼のもとに外書を通じてデザイン関係・建築関係・雑誌・TV等いろいろ特別なご縁が集まっているようです。
直接的な販売ビジネスとしてではなく。
「人材ナレッジの集積」と「意図しない化学反応」するプラットフォーム構想・・・。そしてそこから生まれるコンテンツ・・。話を聞いただけでも本当に楽しみでわくわくしてきます。まさにウィズスクエアの目指すものと一緒で、これの想いに大変共鳴共感した次第です。
12月21日に新しい弊社のウエルネスブランド「EX STYLE」のイベントをOVEで安岡氏プロデュースのもと行います。ここからもなにか新しいものがうまれそうです。

追伸 今年も12月となり後わずかになりました。私にとって「ミッション」を感じ、そして「信頼」という言葉が身にしみた大変重要な意味のある1年でした。

 

ページの先頭へ