• 施設概要
  • フロア概要
  • 設備とサービス
  • ご利用案内
  • フロア案内
  • ウィズスクエア本館
  • 貸会議室ビジネスセンター
  • 別館 ペイントハウス
  • ビジネスサービス
  • ビジネスサポート
  • ウィズコミュニティ
  • 起業を学ぶ創業塾
  • 異業種交流会 EN
  • イベントカレンダー
  • メンバー紹介
  • ウィズスクエアから誕生したビジネス事例
  • ウィズプロモーション
  • wisプロフェッショナル
  • ウィズスクエア通信
  • 株式会社ビサイド 代表肘井哲也の徒然日記
ギリークラブ主宰 渡辺幸裕さん
プロフィール

大学卒業後、サントリー株式会社入社。資材部、宣伝部、ニュートレンド部等で宣伝広告業務全般、販促、著名人対応を経験。後、TBSブリタニカ デジタル出版局創設。新雑誌創刊プロデュース(『Gillie』 『pen』『Newsweek別冊』等)pen編集局長、広告局長等を歴任。2001年、ビジネスのコーディネートをする株式会社ギリー設立。同時にキーマンズセミナー&交流会を開催するギリークラブをスタート。来年1月で丸7年、開催した交流会等は610回を数える。
http://www.gillie.co.jp/gillieclub.html

生涯一案内人として、常に刺激的な存在であり続けたいですね。

ギリークラブとは…
主催者の渡辺さんがギリー(案内人)としてアレンジしたキーマンの方が、毎回特定のテーマに沿ってミニセミナーを実施しています。ネットで様々な情報を入手し疑似体験で溢れているIT時代だからこそ、現実に人と人が出会い、実体験し、交流する場が必要と考え、ゲストと参加者が自由に交流・意見交換する、新しい形の"テーマ・パーティ"。
完全紹介制で、入会済みメンバーの紹介でのみ参加できます。現在、案内を配信しているメーリングリストは約4,000名(うちマスコミ関係が1,400名)。優先参加できる入会メンバーは約400名。

 

会社名、クラブ名に使用されているギリーとは、 案内人という意味だそうですね。

渡 辺: 英国の釣りガイドのことです。開高健氏と作ったテレビ番組でスコットランドに行き、ギリーの存在を知りました。その後、「快適生活ナビゲート」がコンセプトの新雑誌を「gillie」と名付け創刊しましたが、1年後に誌名が変更され使われていなかったんです。そこで、独立に際して会社名を株式会社ギリーにしました。生涯、一案内人になろうと。

生涯一案内人にと、起業を決められたのですか。

渡 辺: そうです。サントリーという組織の中でいろいろなことを学ばせていただきました。サントリー時代に培ってきたネットワークや身に付いたことを、今度はサントリーを含めて世の中にお返しをする。そのためには、インディペンデントというポジションでいたほうがいいだろうと考えました。

具体的な事業内容は?

渡 辺: ギリークラブとしては、いろいろなジャンルのセミナーや交流会を行っています。チャンスを多くご案内するためには、幅広くやったほうがいいと思っています。全てに参加できなくても、その方の琴線に触れたものに来ていただければと。よく、「企画はどう決めるのですか」と聞かれますが、「僕が決める」と答えています(笑い)。売り込みはたくさんきますが、僕自身が好きになれないものは取り上げません。まず先入観をもたずに、話を聞いて、その上で自分がいいと思うものだけを進めています。いろいろなところで、いろいろなジャンルの人が一生懸命にやっている。いいな、と思う人を僕が案内する。

株式会社ギリーとしては?

渡 辺: コーディナータ契約をして、顧問料を頂いている企業が現在8社。他にも単発の依頼があります。それはそれで、ビジネスとして、きちんと契約を交わしてやっています。

ギリーであるために苦労も多いのでは?

渡 辺: 僕自身はどう逆立ちしても、いろいろな分野のプロになることはできません。でも、プロフェッショナルな方やものを紹介することは出来ます。ギリークラブは営利を追求してはいないんです。もちろん、赤では困りますけど(笑い)。自分で自分に妥協しないで、基準に達しないものはやらない。天に恥じないやり方でやる。

ネットワーク作りが大変なのでは?

渡 辺: 確かに簡単には出来ません。信頼関係を築くことも難しいことです。でも、いろいろな分野ですごい人がいる。そういう人は会おうと思ったら会えるんです。努力すれば必ず会える。ネットワークを広げるためには、机にしがみついていてはだめ。第一次情報と出会うこと。外に出なければ失敗もできない。失敗から学ぶことはたくさんあります。それぞれのやり方はあるけれど、真理はそうかなと思っています。

ギリークラブとしての来年の目標は?

渡 辺: 来年こそ、回数を減らしたいと思っています(笑い)。実は、今年も年間120回という目標をだしたのですが、最終的に、140回くらいになりそうなんです。目標未達です(笑い)。来年は2月にパリで実施します。海外となると時間はかかりますが、現地の方との交流等、とても意味がある。内容を再吟味して、よりよい実体験ができるよう、硬軟取り混ぜて、年間100回くらいに抑えたいと思っています。

長期的な目標はありますか?

渡 辺: ギリークラブは、クラブ自体を誰かに後継すると言うのは難しい。やりたいと思ったら、まねをしてもらう。そして、その方なりの会を作る。僕は、そのためのノウハウを提供します。人と人が出会う場をいろいろな方が作れればいいですよね。また、クリエイターでも、技術者でもない、手に職もない。一般の事務職だった僕が、40代後半で独立して生きていける、という一つのモデルになれればいいとも思っています。それと、もう一つ。独立して妻と一緒にいる時間が増えたことが僕には一番嬉しい。人生のパートナーを、仕事のパートナーにする。妻は副社長でもあるんです。交流会には必ず二人で参加しています。夫婦で一緒に楽しんで生きていけることも示したいですね。潤いのある生活のために、生涯一案内人として、自分なりのやり方で次の世代に継承する。次の世代にとって、常に刺激的な存在であり続けたいと思っています。

 

←Wi's Networkトップへ戻る

[お問い合わせは]

ウィズスクエア東京駅前オフィス/(株)ビサイド

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F

TEL:03-5201-3720 FAX:03-5201-3712

E-mail:info@wissquare.jp

 

ページの先頭へ