• 施設概要
  • フロア概要
  • 設備とサービス
  • ご利用案内
  • フロア案内
  • ウィズスクエア本館
  • 貸会議室ビジネスセンター
  • 別館 ペイントハウス
  • ビジネスサービス
  • ビジネスサポート
  • ウィズコミュニティ
  • 起業を学ぶ創業塾
  • 異業種交流会 EN
  • イベントカレンダー
  • メンバー紹介
  • ウィズスクエアから誕生したビジネス事例
  • ウィズプロモーション
  • wisプロフェッショナル
  • ウィズスクエア通信
  • 株式会社ビサイド 代表肘井哲也の徒然日記
合資会社インスティル 代表 松原和枝さん
プロフィール

大学卒業後広報代理店、英国留学を経て三菱商事に勤務。後、合資会社インスティル設立。十五年間にわたり一貫して流通業のマーケティングデータ分析業務に携わり、これまでデータ分析を実施した小売業は百社を超える。現在は、顧客データ分析・レポート作成、ネットマーケティングのコンサルティング、書き方コンサルティングを主軸とするマーケティングサービスを展開中。
http://www.go-instil.com

誰に、何を、いつ伝えるか。それが最も大事で、キーポイントです。それがうまくはまってお客様から感謝の言葉を頂いたときが一番嬉しいです。

三菱商事では、マーケティングデータ分析等をされていたそうですが具体的には?

松 原: はい。食品部門のスタッフとして、営業をサポートする仕事をしていました。スーパーマーケットPOSデータ(売上データ)を収集して、売れている商品を見つけ出したり、メーカーシェアや競合状態などを情報を分析することで、明らかにし、レポートを作成して営業活動のサポートを行っていました。

大学は文学部ということですが、文系の仕事ではないですよね。

松 原: そうですね。まったくやったことがないのに突然データベースを作ってデータ分析をするようにと。最初は大変でした。

面白さはどこで感じていたのですか?

松 原: やはり「売れるには理由がある」ということがわかったことです。

データ分析をしていると売れる理由が見えてくる?

松 原: 見えてきますね。例えばカップ麺は買いやすい価格があって、その価格を下回ると途端に売れるとか。売り場のPOP(メッセージカード)をこう変えたら、売れるようになったとか。

確かに言われてみるとそうだなと思いますが、それが具体的な数字としてはっきり出てくると納得できますね。三菱商事を辞めようと思ったのは?

松 原: 同じ部署で同じような仕事を9年やっていたので、自分自身の中で慣れが出てきてしまったのです。また、とても働きやすい居心地がいい会社だったので、もう少しいたら動けなくなるとも思いました。

退職後すぐに起業されたのですか。

松 原: マーケティング・コンサルティング会社に1年間いました。1年経って、お客様になってくださいそうな方がいたこともあり、起業もありかな、と。悩んだ末、勤めていた会社の社長に独立したいと相談したら、うちがお客さんになってあげると、ありがたい言葉をかけてくださったのです。今もその会社とのお取引は続いています。

充実感・達成感はどんなときに感じますか?

松 原: クライアントさんから満足の声をいただいたとき。それは何物にもかえがたいです。

得意な業種はあるのですか?

松 原: スーパーマーケット、ドラッグストア、化粧品店、お花屋さんなどですね。

業種は限らない?

松 原: 基本は一緒ですから。昨年からはネットショップのマーケティング・コンサルティングを開始しました。コンサルティングをしていく中で、HPやブログ、メールマガジンなどで発信する文字情報がすごく気になってきたんです。どう書くかで売り上げが大きく変わってしまう。それに気がついたのでそれを独立させて、文章術のコンサルティングも立ち上げました。

キャッチコピーとかですか?

松 原: キャッチもそうですし、HPの書き方からコンテンツの選定。ブログ・メルマガ・パンフレットの書き方等。誰に、何を、いつ伝えるか。それが最も大事で、キーポイントです。また売るタイミング、売れるタイミングがある。それにあわせて販促の開始時期をきちんと決めて、こういう風に書きましょうと提案する。単にうまく書くだけではなくて、お客さんの動きを見ながら発信する情報を決めるのです。

確かに興味がないときは、どんなにいい言葉でも素通りしてしまいますね。

松 原: 欲しいときに、欲しいタイミングできちんと書く事が大切ですね。

面白そうですね。

松 原: それがうまくはまると面白いです。でも失敗もたくさんしましたよ。

松原さんのお話を聞いていると、とても仕事を楽しんでやっていらっしゃる感じがします。

松 原: 楽しいですし、好きなことを仕事にできて幸せだなと思います。

最後に今後の抱負を聞かせてください。

松 原: 先月自社で開催しました文章術のセミナーに参加された方と話をしまして、皆様それぞれ、得意なことを持っていらして、素晴しいと感じました。私が唯一、好きで得意なことは、うまく伝えたり、人よりもちょっと観察力があること。そうした私の気づく力や伝える力を、そういう方々に提供して、好きなことで経済的に独立できる方を増やしたい。好きなことでお金が稼げるといいですよね。私自身、さらに経験を積んで、得意分野がビジネスになるようにサポートしていきたいと思っています。

 

←Wi's Networkトップへ戻る

[お問い合わせは]

ウィズスクエア東京駅前オフィス/(株)ビサイド

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F

TEL:03-5201-3720 FAX:03-5201-3712

E-mail:info@wissquare.jp

 

ページの先頭へ