• 施設概要
  • フロア概要
  • 設備とサービス
  • ご利用案内
  • フロア案内
  • ウィズスクエア本館
  • 貸会議室ビジネスセンター
  • 別館 ペイントハウス
  • ビジネスサービス
  • ビジネスサポート
  • ウィズコミュニティ
  • 起業を学ぶ創業塾
  • 異業種交流会 EN
  • イベントカレンダー
  • メンバー紹介
  • ウィズスクエアから誕生したビジネス事例
  • ウィズプロモーション
  • wisプロフェッショナル
  • ウィズスクエア通信
  • 株式会社ビサイド 代表肘井哲也の徒然日記
(株)アントレプレナーセンター 代表取締役 福島 正伸さん
プロフィール

早稲田大学法学部卒業後、コンサルタント会社へ入社。後、人生をかけて出来る仕事を模索し、 (株)就職予備校(現(株)アントレプレナーセンター)を設立する。通産省、労働省をはじめとした各種政府諮問機関で委員を歴任。(社)ニュービジネス協議会主催の第一回アントレプレナー大賞人材育成賞受賞。「自立創造型社会の創生」をビジョンに掲げ、起業家および自立型人材育成のための各種支援を行う。
主な著書:『起業家精神』『会社の元気はメンターがつくる』『起業家に必要なたった一つの行動原理』『何もないから成功するんだ』『アントレプレナーになろう!』など。
06年10月に開催しました第2回コンセプトENで講演をしていただきました。
http://www.entre.co.jp/

僕からのメッセージは一つ。 「夢しか実現しない」

ご講演の中で、不可能を可能にした人や成功している経営者の方にお会いして、様々なお話を聞いたことが、とてもいい経験だったとお話されていましたが、何歳くらいのときですか?

福 島: 24・5歳です。1年間で180の方に会いました。ベンチャー企業の社長さんが多かったですね。そして、その翌年から海外の方に会おうと。ただ、これには、3つ問題がありました。

問題というと?

福 島: 1つは旅費が高い。1つは僕がいないと会社の売上が落ちる。もう1つは、会いたい人に会えない。そこで、この3つの問題をクリアできるような企画を立てればいいと考えて、出版社に企画を持ち込んで月刊誌を作ったり、旅行会社と組んで、「不可能を可能にした、夢を実現した人たちに会いに行くツアー」を企画したり。『ない』ということは、新しい知恵が出てくる最高の環境です。

ポジティブに考える・・・。

福 島: 周りのせいにしたり、人のせいにしても問題は解決しません。『過去と他人は変えられない』んですね。変えられるのは、『自分と未来』です。自分がやっていること全てに『意味や意義』を見出して、夢をみつけて、一生懸命に取り組むことで未来は変わります。だから手を抜けない。今の自分に未来がかかっているのですから。

福島さんの3つのポリシーが印象に残りました。

福 島: ・一度決めたら、一生やめない。
・全てをチャンスにする。
・まず、やる。
それと今は、自己管理、自分のモチベーションを維持する、ということを毎日やっています。何をするときも、例えば会議をするときも、これは何か問題を解決するための会議ではなくて、「自立型創造型相互支援社会を創る(会社のビジョン。)」ための会議をしていると考える。うちの社員にもそう言っています。ミスをしないための会議ではなくて、全ては自分たちが目指していることを実現するためにしているんだと。

福島さんのお仕事の中心は

福 島: 割いている時間で言うと、研修・講演が一番多いですね。ほぼ毎日。年に300本。1日に3回という日もあります。

今日もこの前は講演ですか?

福 島: 今日は打ち合わせでした。ここに来る前に大企業の人事部長と打ち合わせをしたのですが、素晴らしい方で、社員皆のためにいい会社を作りたい、と。お話しをしていて感動して泣いてしまいました。この会社に入ってよかったと思ってもらうためにと、心底考えているんです。

大企業の会社でもいろいろ問題があるのですね。

福 島: 大企業でうまくいっている会社は一つもないと言ってもいいのではないでしょうか。利益が出る会社が成功ではありません。本当に社員皆が幸せか。そして、その会社が伸びることを全ての人が望んでいるか。そういう会社が社会には必要なのです。同業他社も幸せにしなくてはいけない、お客様も社員も協力会社も、社会も、未来の子供たちも、全てを幸せにしなくてはいけない。そういう企業を一流企業というんだと思います。

素晴らしいことですが、難しいのでは。

福 島: 理想論ですけど、こういう理想論を言っていると聞いてくれている人がいるんです。まさに今、社会はそちらを向いています。現在取り組んでいるのですが、地方の、人がこなくなった商店街で、9割くらいシャッターが下りているところがあるんです。そこに、下絵を描いてもらい、ホームレスの人に色を塗ってもらって収入を得てもらう。希望者を募って勉強してもらっています。

それは、収益事業ですか。

福 島: 収益はあがりません(笑い)。僕の会社は大まかに言うと、
・民間企業(または行政向け)のコンサルタント・講演。これは有料です。
・もう一つは無料または、投資。難病の子供たちや障害者の支援。障害をもちながらプロスポーツに挑んでいる人たちを支援する。これは社会のためにやらなくてはいけないトータルで利益がでればいいと思っています。会社にとっては全部が必要。収益になる部分と投資になる部分があるだけで、全部をやることに意味がある、そこで、学ぶこともいっぱいあるんです。

最後に起業家に一言お願いします。

福 島: 僕からのメッセージは一つ。これしかありません。
「夢しか実現しない」。

 

←Wi's Networkトップへ戻る

[お問い合わせは]

ウィズスクエア東京駅前オフィス/(株)ビサイド

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F

TEL:03-5201-3720 FAX:03-5201-3712

E-mail:info@wissquare.jp

 

ページの先頭へ